日々の気まぐれ日記とたまに戯言+趣味娯楽やら癒しやらなんやら
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
立川への所用ついでの帰りに・・・

昭和記念公園の花火でございますv


ちなみに今年で3回目の鑑賞(1回目はゲリラ豪雨で中止だったので鑑賞できず)


東京の西方面にやって来たのでこれからは専ら隅田川よりこちらに行くことになりそうな予感・・・。
って、隅田川もはるか前に2回しか行ったことないんですけどね;


昭和記念公園は5000発なので花火の打ち上がる本数で言えば打ち上げ時間をもう少し短めてもいい気がするのですが・・・。


こちらはわりとスターマインを間に挟んで大玉花火がポーンと1発または2、3発上がる感じでございます。


今回は時間的なこともあって入口付近での立ち見となりましたが、まあまあちゃんと見れてよかったよかった^^


まあ、写真となるとスマートフォンというのもあって
距離として微妙なのですが・・・














ズームにすると画質は劣るししないと遠すぎるし・・・
難しいものです;


次回はメイン会場からがっつり見たい(撮りたい)と思った2016年でございました(笑)





ちなみにこの日は空腹絶頂?で花火観賞をしていたので、終わってからのおぼんdeごはんのお食事がまあ美味しいこと美味しいこと。
(あ、写真はなしです 笑)


立川のおぼんdeごはんは7/29にオープンしたばかりだそうで、、
あえて花火大会の時を狙ってオープン!?

店員さんが慣れておらず大変そうでした;

なんとなくアートイベントのサイトを見ていたらたまたま引っかかってきました。



結構夜のプログラムに興味のあるものがいくつかありまして。

おっ!この場所なら帰りに行ける!!


と、思ったので行ってまいりました。



どうやら街おこし?エリアおこし?のため今年初めて開催するアートイベントとのことで・・・

名前が00になっているのは今年は初めてなので試験的運用らしく、それで1ではなく0にしているらしい。

と、ご一緒してくれた方から聞きました(笑)



うーむ、上手いこと考えているものだ。

(この3日間の開催で色々微妙だったら第1回目をやるかやらないか決めるってことですかね?)





この日の夜は暑くもなく寒くもなく(どちらかというと河川敷なので涼しい?)夜の見物にはほどよい気候でございました。


行って最初に見たものが一番見たかったプログラムだったので、それこそ定時からダッシュで向かいましたさ~(そこまで?)



結果的には正直想像よりちょっと物足りなかったんですが。。

00だからしょうがないっす。


その後LEDで灯された提灯を持って河川敷を歩くというイベントに参加・・・せずに提灯を持った人達を後にして先回りして?提灯行列を撮影してみました。


これが結構最初に見たドローン蛍よりも綺麗だった!!!


結構この提灯行列で満足できました♪
(しかし写真はボケボケでダメでした。。)


先頭には馬も歩いてましたし。



とりあえず夜のメイン会場と思われる場所にそのまま提灯行列の人達と並行して歩いて行って、その中でまたちょろちょろと見たり撮ったりウロウロしたりと・・・。




その後そこまでぐぐっ!と惹かれるものはありませんでしたが、最後に駅に戻って「この鐘を鳴らすのはあなた」の鐘を鳴らしてみたら結構面白かったのでした・・・^^;
(この鐘を鳴らすと目の前のビルが白からマゼンタ色に変わるというプロジェクトだったりします)




提灯行列使用前


行列と並行して追いかけてみましたがスマホでは限界が。。






よく分からない空気で膨らむ物体(笑)


ビルに映し出される文字は時々変化するらしい。
結局なんの単語なのかはよく分かりません;


提灯行列使用後の提灯。
この状態が一番綺麗な気がする。。


高架下で映画上映?








この鐘を鳴らすのはあなた↑
鐘を鳴らすと上の写真の玉川高島屋の色が変化するのでした。




おまけ・・・

お腹が減りすぎていたので帰りに二子玉らしいオサレなレストランでご夕食。
スープストックが経営しているレストランらしい!!


これは・・・来年以降に色々整えて充実されていくことに要期待ですかね・・・。

こちらも職場でちゃっかり招待券をいただいていておりまして・・・


なかなか良さ気なので行こうと思いつつ9月まで開催だしまだいっか~


とか思ってよく見たら・・・


なんとまあ期間限定の招待券と書いてあるではないですか!!!


しかも7月29日まで。


ちょっ、、これは!!!



元々花火を観に行くのにフレックスで帰ろうと思っていたのを急きょ午後休みに変更しまして(←自由すぎてすみません;)


花火の前に上野に立ち寄って来た次第です(笑)



ギリギリで丁度期間限定に気付いたのも観に行くべしということだったのだろう。。

とまあ、都合のいいように解釈しつつ2か月前に若冲展でお世話になった東京都美術館内へ。



あの若冲展の異様な光景がよみがえる中、火曜日のポンピドゥーセンター傑作選はすんなり入れて1つ1つをじっくり鑑賞できるという。


若冲展の時と同じ展示室だったにも関わらず、当たり前ですがあの悪夢のような殺到する人々の光景がない全く普通の状態で鑑賞できてほっと一安心。


あの2か月前の悪夢は何だったんでしょう・・・(遠い目)






ちょうど先日の建築ツアーでポンピドゥーセンターのことも聞いていたので、なんとなく親近感?も沸きつつ・・・。


今回の作品は1907年~1977年のポンピドゥーセンター開館までの60年間の間の1年ずつその年に作成された作品と作家を展示するという結構面白い展示の方法でした。


この時期は作品の手法に××イズムと呼ばれるものがいくつも出て来たイズム手法というものが確立された時代だったらしい。

ど素人からすると細かい違いはよく分からんのですが、アーティストからすると常にアートに新しいものを求めてたってことでしょうか!?


第一次世界大戦~第二次世界大戦時に作られた作品はやっぱりその時代の雰囲気が出ているな~となんとなく思ったり。

ナチスから迫害を受けつつも絵を描いていた人とか・・・

こういった戦争の時代が間に入って来ると考えさせられるものがありますね。。




個人的には1960年代以降からポップアートと呼ばれるものが出て来たからなのか、展示されていた作品の雰囲気がぐぐっと変わった印象を受けまして。

きっと明るい時代に変貌していった象徴なんでしょうなあ。


もう70年代になるともはや個性的なものばかりでございました^^;



ちなみに1945年の終戦の年だけは作品を掲載しないという美術館側の演出もありました。

なるほどですね。。

 

やっぱり平日&天気悪いと空いております。。





西洋美術館が世界遺産になって、結構盛り上げてる?感じでした~
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
プロフィール
HN:
いよかん
性別:
女性
職業:
なんとなくWEBデザイナー
趣味:
写真・散歩・カフェ・空を見る・妄想(笑)
くる天 人気ブログランキング